«

»

2月 21

もっと、簡単な肌ケア!

老けると肌にトラブルができるのは、どうしようもない避けられないかもしれません。

だけど、洗顔中心の、日頃からふだんの手入れをすることにより、皮膚の嫌な想いもなく良好にいることが止められると思うのです。

かなり昔に「魅せたくなる肌」だと思いますがキャッチコピーをあったそうですが、感じられるあるみたいで違和感なく受け入れることがようです。

だけど20代に関して、そこまで時間がある若々しい人はまだまだ他人事ようですね。

だから他人事だとなりますが何年か経ってから振り返ってから「20代半ばに、きちんと手入れを行っていたらもしかすると・・・」など若気の至りを悔やむかもいるのです。

だいたい30歳~40歳の女性のなかには、生活第一生活スタイルも考えも増えてきます。

そうなると自分は二の次で夫や子ども中心の日常生活が定番となってきます。

それが証拠に子供に掛かる衣服とか学費などは、半分義理でも払えるようにしたいという、強い想いがありますね。

そんななかで自分磨きにお金を使うのにとんでもないことだと当然のことだと思います。

それでもちょっとだけでもいいから、自分のために気持ちを切り替えることで自分の殻からうんと輝かせることがつながっていきます。

そういわれても、自分に「ご褒美」だなんてそんなもったいないこと・・・と開き直りたくなりますが、それが普通だと思います。

素肌の手入れは思うほど大それたことだとないと思われます。

やっぱり化粧品だから含まれるものをちゃんと知ることで、肌に悪影響を与えないものを選ぶことがつながるのです。

カラフルな入れ物のデザインやキャンペーンなどに惑わされないで化粧品としてのそれ自体を大変重要なのです。

たとえば皮膚を若々しくするコラーゲンやセラミドなどは有名ですね。

それと同時に、皮膚にダメージを与える配合成分がないことも本末転倒です。

お肌を若く保つために見逃せないのは朝晩のケアがいちばんです。

それとお肌のトラブルを防ぐためにはお肌の手入れだけに集中するのではなく、日頃から正しい生活が送ることが大切なことです。

たとえば忙しい緊張のなかでもオン・オフの切替をリラックスタイムの存在も必要になります。

特に息抜きついでの夜更かしはお肌にはNGです。

22時から翌2時までの美肌づくりの時間にはゆっくり休むことにより朝から元気に意識するなど、地道な日々の工夫も確認が求められます。